死ぬまでに見たい! アメリカの秘境スポット7選

黒いフォルムが超絶かっこいい、コリドラス・レセックスをお迎えしました

生体紹介

コリドラス沼にハマりつつあるブログ管理人ですが、この度ずっと憧れていたコリドラス・レセックスをお迎えする運びとなりました。

レセックスといえば、「黒っぽくて渋い体色、体高があって丸々としたボディ、ビシっと長く伸びる背びれ」という特徴があり、コリドラスの中でもかなり人気のある魚種となっております。

個人的には一番かっこいいんじゃないかなと思っています。

人気の熱帯魚に加えて、ワイルド種だったため、安くはありませんでしたが、ちょうどお店がセール期間ということもあり、お得に購入することが出来ました。

スポンサーリンク

レセックス導入

たまには実店舗でお買い物

知る人ぞ知るコリドラスの名店?「ペスカドール」さんにお邪魔してきました。

元パン屋さんの店舗を居抜きで使用しているらしいのですが、外観からは熱帯魚屋さんとは思えない風貌です。(最初、分からずに素通りしてしまいました。。)

場所は上記のとおりです。グーグルマップのレビューを見てもわかるように、コリドラスに関しては絶対的な信頼があるようで、かなりの高評価です。これは期待できます。

真冬だったため、保冷保温機能のあるエコバッグにカイロを入れ、万全の体制で持ち帰りました( ˘ω˘)

上から見ても、コロコロしていてとってもチャーミング

ってことで、水温合わせ、水合わせをして投入していきましょう。

いざ、水槽へ投入

これで、ベタがレセックスに攻撃するなら、ベタを隔離する必要があります。。

問題なく投入できました。唯一の懸念は「ベタ」が居ることだったのですが、様子を伺いに来ることはあっても、フレアリングしたり、突っついたりすることもなく、平和に混泳出来ました。

導入してからしばらくすると、落ち着いてきたようでトレードマークである背びれもピンと張るようになりました。

「カッコいい」と「カワイイ」を併せ持つコリドラスです(∩´∀`)∩

前から見た「とぼけた表情」もたまりません(笑)

お店ではアカムシを与えていたようなので少し心配でしたが、人工飼料も食べてくれたので一安心です。

先輩魚たちとの出会い

導入初日はお互い、よそよそしかったのですが、導入2日目にはステルバイと仲良く群泳するようになりました。

コリドラスって、「こんなに泳ぐ魚だっけ?」ってくらい、よく一緒に泳いでいます。

全長はステルバイと同じくらいなのですが、レセックスは体高があるためか、迫力が違います。

ひとまず、30cmキューブ水槽に導入しましたが、今後60cm水槽を立ち上げる予定なので準備ができ次第、コリドラス達には引っ越しをして貰う予定です。

60cm水槽が立ち上がるまでは狭いところで申し訳ないけど、少しの間だけ我慢してね。

まとめ

とっても、かっこかわいいコリドラス・レセックス(ワイルド)の導入でした。

最後にお値段ですが、3匹 12,000円のところ(この時点で安い)、年末年始セールで20%OFFということで、9,600円で購入することが出来ました。こんなに状態の良いレセックスさんが、1匹 3,200円なんて超お買得です。

また、今回購入させていただいた「ペスカドール」さんですが、気に入った生体を自分で掬うことが出来るため、欲しいと思った個体を狙い撃ちすることが出来ます。(私の場合、上手に捕まえられる気がしないので、店長さんにお願いしましたが・・・)

通販がメインの様ですがお店で購入することも出来ますし、東京近郊にお住まいの方なら、一度見学に行かれて見る価値ありです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました