死ぬまでに見たい! アメリカの秘境スポット7選
グーグルマップ上で一覧表示
訪問先一覧はこちら

新着記事

アクア用品のレビュー

コリドラスが餌を横取りされない工夫 | フィーダーチューブを導入

コリドラスの餌が落ちる前に他の熱帯魚に横取りされてしまったり、思った位置に落ちなくてレイアウト素材の間に挟まってしまったり、そんな経験はよくあるのではないでしょうか?そんな時はフィーダーチューブを使用すれば、低層魚にも餌が行き渡りますので簡単に解決できます。
水耕栽培

リーフィットでバラの水耕栽培に挑戦1 | バラの花束を一生の思い出に

貰った時はきれいなバラの花束ですが、花瓶に入れるだけだとすぐに枯れてしまいます。ですが、熱帯魚を飼育されている方であればリーフィット+ソイルを使うことで、バラの花束を鉢植え感覚で簡単に復活させることが可能です。切って挿しておくだけの簡単なお仕事ですので、試してみる価値アリですよ。
メンテナンス

汚れてきた化粧砂の敷き直し | アマゾン川源流の白砂 → 田砂

アマゾン川源流の白砂という、いわゆる化粧砂を使ったコリドラス水槽を立ち上げてから約半年が経過しました。この化粧砂、最初はキレイだったのですが時間の経過と共に汚れが目立つようになってきたので、思い切って交換してみようと思います。
メンテナンス

化粧砂とソイルが混ざってしまった時は、プロホースで簡単お手入れ

化粧砂のエリアにソイルが混ざってしまい見た目が悪くなる。ウールなどで隙間を埋めたとしても中型魚が暴れたりすると、巻き上がってしまったソイルが化粧砂エリアに落ちてくることがあります。敷き分けレイアウトをする際の宿命みたいなものですが、プロホースを使えば簡単に除去できるのでその方法について紹介します。

旅行記

The Wave一人旅(2019.8)

5年ぶりの再訪問、The Wave一人旅(2019年編) | Day13-14 LAからANAファーストクラスで帰国します

アメリカの広大な大地をレンタカーを運転し、The Wave、White Pocket、Valley of Dreamsなどを訪れました。2週間の旅でしたが、自然の美しさに魅了され、ロードトリップの醍醐味をたっぷりと味わうことができました。
The Wave一人旅(2019.8)

5年ぶりの再訪問、The Wave一人旅(2019年編) | Day12 ツアー会社を利用しWhite Pocketへ

Dreamland Safari Toursというツアー会社を利用して、ホワイトポケット(White Pocket)を訪れました。ランチ、水、スナックが用意され、撮影ポイントも教えて貰え、迷子になることもない。やはりツアーで行くと安心ですね。
The Wave一人旅(2019.8)

5年ぶりの再訪問、The Wave一人旅(2019年編) | Day11 アンテロープキャニオンと滝の融合、Kanarra Fallsへ

Kanarra Fallsは、アンテロープキャニオンと滝が融合したような景色が特徴です。三脚と減光フィルターを持って行けば、スローシャッターで滝の流れを捉えた写真が撮れるでしょう。許可証が必要で150人しか入れないため、落ち着いて観光できます。
The Wave一人旅(2019.8)

5年ぶりの再訪問、The Wave一人旅(2019年編) | Day10 5年前のリベンジ!Wahweap Hoodoosへ

再び訪れたユタ州のワーウィープ・フードゥー(Wahweap Hoodoos)。ハンディGPSと地図を握りしめ、暑さ対策のため日の出とともに冒険を開始。アクセス方法や2WD/4WDの駐車場の場所についても紹介しますので、是非訪問の検討を!!

旅のTips

旅のTips

The Subway(ザイオン国立公園)の抽選申し込み方法、受取場所、夏場の注意点について

ザイオン国立公園(Zion National Park)に許可証が無いと訪問できないThe Subwayという絶景スポットがあることをご存知でしょうか?抽選申し込み方法や、受取場所、超過酷なトレッキングの注意事項などを紹介したいと思います。
旅のTips

South Coyote Buttes許可証の入手方法、抽選会場の場所、注意点、アクセス方法について

The Waveの近くにある1日20人だけが訪れることができるの秘境、South Coyote Buttesへの許可証(permit)の入手方法、抽選会場の場所、注意点、アクセス方法、おすすめのツアー会社さんなどを紹介します。
旅のTips

The Waveに当選したら準備しよう!必要な持ち物は?車は? | 抽選に外れた時はどうしたら良いの?

The Wave(ザ・ウェーブ)へのアクセス方法、持ち物について紹介します。The Waveの周辺は見どころ沢山なので、抽選に外れてしまっても泣くことはありません。そんな、外れた時の代替となる観光スポットについても紹介しておきます。
旅のTips

2022年3月15日以降対応 The Wave(ザ・ウェーブ)抽選申し込み方法、注意点などについて

2022年3月15日以降、The Wave(ザ・ウェーブ)の抽選システムが大幅変更になっています。新しい抽選システムの紹介、申し込み方法、注意事項などについて、訪問を検討されるなら知っておくべきポイントについてまとめました。

熱帯魚

アクア用品のレビュー

コリドラスが餌を横取りされない工夫 | フィーダーチューブを導入

コリドラスの餌が落ちる前に他の熱帯魚に横取りされてしまったり、思った位置に落ちなくてレイアウト素材の間に挟まってしまったり、そんな経験はよくあるのではないでしょうか?そんな時はフィーダーチューブを使用すれば、低層魚にも餌が行き渡りますので簡単に解決できます。
水耕栽培

リーフィットでバラの水耕栽培に挑戦1 | バラの花束を一生の思い出に

貰った時はきれいなバラの花束ですが、花瓶に入れるだけだとすぐに枯れてしまいます。ですが、熱帯魚を飼育されている方であればリーフィット+ソイルを使うことで、バラの花束を鉢植え感覚で簡単に復活させることが可能です。切って挿しておくだけの簡単なお仕事ですので、試してみる価値アリですよ。
メンテナンス

汚れてきた化粧砂の敷き直し | アマゾン川源流の白砂 → 田砂

アマゾン川源流の白砂という、いわゆる化粧砂を使ったコリドラス水槽を立ち上げてから約半年が経過しました。この化粧砂、最初はキレイだったのですが時間の経過と共に汚れが目立つようになってきたので、思い切って交換してみようと思います。
メンテナンス

化粧砂とソイルが混ざってしまった時は、プロホースで簡単お手入れ

化粧砂のエリアにソイルが混ざってしまい見た目が悪くなる。ウールなどで隙間を埋めたとしても中型魚が暴れたりすると、巻き上がってしまったソイルが化粧砂エリアに落ちてくることがあります。敷き分けレイアウトをする際の宿命みたいなものですが、プロホースを使えば簡単に除去できるのでその方法について紹介します。

Leonardo.ai

Leonardo.ai

【Leonardo.Ai 38】GUIの大幅アップデート、Image Generation V2がリリース

Image GenerationのGUIが一新され、シンプルで使いやすい見た目になりました。さらにプリセット(preset)が導入されたことで作風の指定が容易になり、使い勝手も良くなっています。若干わかりづらくなったAlchemy、Image Guidance、Elementsの設定方法についても紹介しておきたいと思います。
Leonardo.ai

【Leonardo.Ai 37】Elementsで作風やスタイルを変更してみる

今更ですが、Elements機能について紹介したいと思います。作風やスタイルをプロンプトで指定することなく、Elementsから選択するだけでAIイラストに反映することが出来るので、場面によっては便利な機能になります。
Leonardo.ai

【Leonardo.Ai 36】汎用性特大、Leonardo Anime XLを使ってみた

Alchemyなしの無課金ユーザーでも高品質のアニメイラストが生成できる「Leonardo Anime XL」を使ってみました。こちらはLightningモデルということで、画期的な進化を遂げているとのことなので、それらについても見ていきたいと思います。
Leonardo.ai

【Leonardo.Ai 35】Upscaleの新機能、Alchemy Refinerの使い方

Alchemy Refinerについて、Refiner Strengthの強弱やSmooth ModeのOn/Offでどの様な画像が生成されるのか?について、使い方や例を交えて紹介します。単に画素数をあげるだけでなく、画質の大幅な向上が見込める機能です。