死ぬまでに見たい! アメリカの秘境スポット7選

2007年に立ち上げた60cm水槽

レイアウト

最初の記事は読まれないから安心しろと、ブロガーさんたちが言っているので、安心して大昔にSNSに書いた記事をこちらにお引越しします。

「こんなクオリティでブログ作ってて大丈夫か?」

こんなクオリティでブログ立ち上げるやつもいるのか?(笑)

くらいで読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

2007年に立ち上げた60cm水槽

一人暮らし開始に伴い、熱帯魚を飼うことに

2007年に今の会社に転職したわけなのですが、前職では社員寮にいたのでペットなんて飼えなかったんですよ。

なので、一人暮らし開始に伴い熱帯魚がいる生活を開始したわけです。

学生の時以来なので、だいぶ感覚が鈍っていましたが自宅から徒歩5分に熱帯魚屋さんがあったのもあり、楽しく立ち上げたのを覚えています。

学生の頃は高くて手が出なかったアヌビアス・ナナを大人買いして水草も植えて、熱帯魚をお迎えするまで2週間待ちます。

今と違いネット回線がかなり貧弱だったので、小さい画像ですいません。

こう考えると、立ち上げの手順自体は今も昔も変わってませんね。

二週間後、パイロットフィッシュ投入

水草も根付いてきましたので、以下のパイロットフィッシュ投入です。

パイロットフィッシュ達

クラウンローチ:4匹
カージナルテトラ:10匹
オトシンネグロ:2匹

今でこそソイルが一般的ですが、当時はまだ大磯砂が主流だったと思います。

洗えば何度でも使えるのが経済的なので、私は今でも大磯砂を使っています。

大磯砂、上部フィルター、Co2添加なし、安物蛍光灯でもこの位は育ちます。

一週間後、さらにお魚さん投入

追加のお魚さん

サンセットグラミィ:1ペア
ゴールデンハニードワーフグラミー:4匹
レッドグラミィ:4匹

60cmには完全に過密状態ですね。

なので水換えをこまめに行なって、水質が悪化しないように気をつけていました。

また、この時代でも生体はネットで購入できてました。

別れは突然やってくる

で入社して3ヶ月で突然の長期の海外出張になり、泣く泣くお別れすることに。

ただ、ちょうどアクアリウムを始めようと水槽立ち上げ中の人がいて、水草、熱帯魚すべて一式引き取ってもらえたことが不幸中の幸いでした。

そして再開へ!!

そうしてアクアライフから完全に離れていたのですが、長女がある日、「熱帯魚を飼いたい」と言ったことから、またすべてが動き出すのです。

ちょうど新型コロナで自粛している期間だったのと、家の中で出来る趣味っていうのが、うまく我が家にハマりました。

それにしても、自分と同じものを好きになってくれるとは、なんとも、嬉しいキッカケで再開することになりました。

そんな経緯で前回から15年経過しましたがこの度、新たに水槽を立ち上げ、15年前とほぼ同じお魚さんをお迎えする計画が立ち上がるわけです。

どんなことでも経験しておくと役に立つもんです。

今度は絶対に手放さないし、おしゃれ水槽立ち上げます。

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    テスト

タイトルとURLをコピーしました