死ぬまでに見たい! アメリカの秘境スポット7選

【Leonardo.Ai 7】アングルがおかしい時は、プロンプトを変えてみる

Leonardo.ai

プロンプトに”full body”や”full body shot”と入力しているにも関わらず「顔のアップ画像しか生成されない!!もしくは、頭の上が見切れてるんだけど!?」そんな経験はないでしょうか?

公式Discordでも海外ニキ達の間で熱い議論が行われており、”full body”や”full body shot”をプロンプトに使う問題点や、解決策となりうる正しいプロンプト情報が紹介されていました。

確実ではないものの、正しいプロンプトに変更することで修正できる場合があるので、画角やアングルでお困りの方の参考になれば幸いです。

Remix機能だけでも十分楽しめると思いますが、せっかく無料なのですから、遊べるうちにプロンプトの変更にも挑戦しましょう。

スポンサーリンク

例1:実写風の上半身写真

実際に出力された画像と思い描いた画像

現実:胴体中心で完全に失敗
理想:綺麗なポートレイト写真

左側「なんじゃコリャ!?ですよね?」どういう学習をしているのか、AIは顔の入っていない胴体だけの体の画像に需要があると思っているのか?「プロンプトが間違っていたとしても、よしなに判断してくれよ・・」と言いたくなりますね。

「AI Canvasで直せばいいじゃん」っていうド正論はあるのですが、それは一旦置いておき、プロンプトで修正するにはどうすればいいか?今のプロンプトの問題点を見ていければと思います。

シード値を固定

シード値を固定することにより、同じ呪文なら同じ画像が生成されるようにします。こうすることで、プロンプトが画像生成に与える影響だけを純粋に確認することが出来ます。

Step1: “full body”や”full body shot”は削除

参考にしたのはこちらのスレッドです。

「full body shotの何がいけないの?」「全身の写真にならないの?」と思うのですが、AIからすると「胴体の写真を作れ」と解釈してしまうそうです。

また、以前紹介したPrompt Majic v2を使用しているとこの傾向が強くなるらしく、より被写体にクローズアップした写真が生成されがちになるそうです。

また、呪文は位置により効果が変わります。基本的には手前に書いたほうが強くなります。

しかし、女性の特徴の後に “full body shot” としているにも関わらず、胴体メインの画像となっています。

“full body shot”を一番手前に持ってくると目も当てられません。完全に胴体の画像になっています。

ということで、問題の原因となっている以下の対応をします。

  • “full body”や”full body shot”と言ったキーワードはプロンプトから削除する。
  • “wide-angle photo”、”posed photo”、”candid photo”と言ったキーワードに変更する。

Step2: “posed photo”や”candid photo”に変更

先程よりはマシになりましたが、まだまだ見切れてますね。

”posed photo”に加え、”fully visible head”を指定してもダメでした。この場合は次の対策が必要です。

Step3: 背景を明示的に追加

呪文を見てて気がつくのですが、背景の指定が一切されてないんですよね。

「背景が指定がない=背景を書いちゃいけないんだ!」とでもAIが理解するということでしょうか?「背景を描けないので頭も描けない」って、AIは頭良いのか悪いのかよくわからんところがあります。

そんな訳で“posed photo”に加えて、”old town background”を追加したところ、無事に頭も描いてくれました。

“posed photo”以外に、”wide-angle photo”や”candid photo”でも良いと思います。

プロンプトのダメな例:cowboy shot

「cowboy shot」な構図を求めてプロンプトで使っている方も見かけます。やってみれば分かるのですが、

結構な確率で被写体がカウボーイになります。まぁ、これはこれでありかも知れませんけど・・

プロンプトのダメな例:構図にandを使う

これもたまに見かけます。この例だと”posed shot and candit shot”になってますね。言いたいことは人間には分かるものの、AIからすると「posedなshotと、candidなshotの2つ作成しなきゃ!!」ってなってしまうのでしょう。

もし、画像が分割されて困っているという方がいれば、プロンプトにandを記入していないことを確認してください。

例2:アニメ風の全身写真

Step1: “full body”や”whole body”は削除

さて、被写体がアニメ絵の場合も見ていきましょう。

この2つの例を見ると、それぞれ”full body”、”whole body”とプロンプトが書かれていますね。

その結果、画角はいかがでしょうか?やはり、どちらも身体が画像の中心にあって、頭が切れてしまっていることが分かるでしょうか?

Step2: “posed photo”か”wide-angle photo”に変更

背景はすでにBack alley(裏通り)が指定されていたので、無事に全身写真になりました。しかし、今回はうまくいきましたが、さっきもお伝えした通り”and”でつなげるのは危険です。

プロンプトのダメな例:構図にandを使う

どうダメになるのか失敗例を掲載しておきます。

これも見ての通りです。恐らくPosedな被写体と、後ろにcandidな被写体が映っていることが分かるでしょう?

こんな感じで、なぜか二人生成されてしまうっていう人は、プロンプトにandを使っていないか確認したほうが良いでしょう。

まとめ

「プロンプトの記述ミスにより画像生成の失敗を減らしましょう」という趣旨の記事でした。私も最初何が悪いのかわからず、結構なトークンを失ってしまいましたので、同じ様な現象で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ちなみに、私は公式Discordのこちらのスレッドを参考にしました。

コチラのほうが正確で最新情報があると思いますので、是非参考になさってください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました